学習塾ほうぷ

山口県萩市の【学習塾ほうぷ】 中学・高校受験をサポートします!

塾長ブログ
HOME >  塾長ブログ  > 塾長ブログ

塾長ブログ

  • 夏期講習

    みなさまこんにちは
    すべての子供たちが夢や希望を
    叶えられる世界を創造します
    学習塾ほうぷの岡村です

    学習塾ほうぷでは
    今夏期講習の
    真っ最中です

    中3生にはミラクルロードを
    100冊、総時間数100時間を
    言っています。

    限界までやってみないかと
    彼らを焚きつけて
    今日も全力で生徒に
    向き合う日々を送っています

    8月に入り、中旬には
    合宿も控えています

    さあ、燃えますよ!

    詳しくはこちら

  • 期末テスト対策

    みなさまこんにちは
    すべての子供たちが夢や希望を
    叶えられる世界を創造します
    学習塾ほうぷの岡村です

    萩の中学校では
    期末テストが今月末に
    行われます

    そこで学習塾ほうぷ
    では
    期末対策を
    絶賛開催中です

    中間テストで思うような
    点数が取れなかった

    期末は挽回したいと
    おもっているあなたは
    是非お問い合わせください

    詳しくはこちら

  • あなたは人の話を聞いていない~『傾聴』における注意すべき三つの点とは? 

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    前回までは質問のスキルについて
    話をしました

    今日からは『傾聴』
    聞くというスキルについての
    お話です

    『きく』といってもいろいろあります
    辞書で調べてみました

    まずこの『訊く』
    これは問い詰めるという意味

    次にこの『聞く』
    これは声や音が自然に
    耳に入ってくるという意味

    そしてこの『聴く』
    は相手の話を注意してきく
    そんな意味を持っています

    それでは『傾聴』とは
    どのようないみがあるのでしょうか?
    『傾聴』とは相手の話を聞き漏らさないように
    熱心にきくという意味があります

    今回行うのはまさにこの
    『傾聴』なのです

    お子様の言うことを
    他の作業をせずに真剣に
    きくということです

    次回からは傾聴するときの
    注意点についてお話していきます
    今日もお読みいただきありがとうございます

    詳しくはこちら

  • 周りの人間がやる気をなくさせている~開いた質問をする~

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    前回は前向きな質問について
    お話しました

    今日は『開いた質問』について
    お話しましょう

    みなさんは人と話をしていて
    なかなか会話が弾まないことありませんか?
    そんなときは大抵どちらかが
    とじた質問をしているケースが多い

    例えば『元気?』 『はい・・・』
    終了~~~~~~!
    みたいな感じです

    要するにYesかNoで答えられる
    質問ばかりを繰り返しています
    それでは逆に開いた質問とは
    どんなものでしょうか?

    お子様との会話の中で
    例を出していきましょう
    例えば『最近頑張ってる?』といった質問は
    YesNoで答えられますが、これを
    『今の頑張りは100を最高としたとき、どれくらい?』
    『この結果に満足しているの?』を
    『今のあなたの満足度を10として、どれくらい?』
    このように変えるといいでしょう

    YesかNoで答えられない質問をすることで
    何か答えが出てくるものです
    会話も続いていきます

    質問の次は相手の話を聞く
    『傾聴』です
    そのことは次回お話しましょう

    今日もお読みいただきありがとうございます

    詳しくはこちら

  • 周りの人間がやる気をなくさせている~前向きな質問について~

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    お子様のやる気を引き出す
    『質問』、『傾聴』、『承認』
    のコミュニケーションスキル

    今日は質問についてのお話

    質問をする上でのコツは
    1.前向きな質問をする
    2.開いた質問をする

    まずは前向きな質問についてです

    例えば
    『なぜ成績が下がったの?』
    『なぜ勉強しないの?』
    『このままでいいと思ってるの?』

    こんな質問をされるとどうですか?
    多分やる気がなくなりますよね

    お子様も全く一緒です
    言われた瞬間にやる気がなくなります

    これは『後ろ向きな質問』と言われています
    それではどうすればいいでしょうか?

    これを前向きな質問に変える必要があります
    先ほどの言葉を変えてみましょう
    『成績を上げるのに君ができることは何?』
    『何があったらやる気になるかな?』
    『もっと良くするために君ができることって何?』

    このように少しいい方を変えるだけで
    随分印象も変わります
    コツは『なぜ』を『何?』に変えて
    後ろに持っていくことです

    できるだけ前向きな言葉を
    かけてあげてください

    開いた質問については
    次回お話しましょう

    今日もお読みいただきありがとうございます

    詳しくはこちら