学習塾ほうぷ

山口県萩市の【学習塾ほうぷ】 中学・高校受験をサポートします!

塾長ブログ
HOME >  塾長ブログ  > 塾長ブログ

塾長ブログ

  • 新学期ですね

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    新学期に入りました
    私も新たな気持ちで
    頑張っていきますので
    よろしくお願いします

    萩長門地域にお住まいで
    小学校5年生から中学校3年生の
    お子様をお持ちのお父さんお母さん

    お子様の成績はいかがですか?
    受験生の皆さん、覚悟は出来ましたか?
    学習量は足りているでしょうか?

    いくら勉強しても
    いくら塾に行っても
    成績が上がらない人には
    それなりの理由があります

    様々な理由がありますが
    以下の3つに集約されるのでは
    ないでしょうか?

    まずは一つ目はやる気です
    二つ目は学習の質です
    三つ目は学習の量です

    学習塾ほうぷではこの3つに
    とことんこだわった指導をしています

    明日からはこの三つの
    キーワードを人つずつ
    解明していきます

    今日もお読みいただきありがとうございます

    詳しくはこちら

  • 話を聞きましょう

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    成績も悪い
    『私はここに存在していてもいいんだ』という
    自己重要感も薄い

    このような子供を目の前にしたとき
    あなたはどうしますか?
    という宿題を出していました

    その答えは・・・

    まずは『傾聴』と『承認』です
    このような生徒は今まで何を言っても
    人に真剣に聞いてもらった経験が薄いので
    まずはとことん話を聞いてあげることが重要です

    それが別に勉強のことでなくてもいいんです
    学校のこと、友達のこと、家でのこと
    なんでも構わないのです、雑談でも結構です
    とにかく話を聞いてあげることです

    だからといって呼んでさあ話してくださいといっても
    相手が話をしてくれることはほぼありません
    そいう時は呼んでそばに座っているだけでも
    いいんです、無理に喋らそうなんて思わないことです

    聞いている側が自分をオープンにして
    自分のことを話して、相手が喋りやすい
    環境を作ることも大切かもしれません

    ザイアンスの法則を知っていますか?
    人は会った回数、頻度によって
    信頼感が増すというものです

    だから1度や2度話をしてくれないからといって
    諦めちゃダメなんです
    一番大切なことは『私はあなたの話が聞きたい』
    とメッセージを送り続けることです

    話してくれないということは
    相手はあなたを試しています
    『どうせこの大人は話を聞いてくれないんだろう』
    と思っていますので、逆に裏切ってあげるのです
    相手が話すまでとことん付き合ってください

    これは一番根気がいる作業だと思います
    ですが一番最初で一番大切かもしれませんね

    詳しくはこちら

  • みなさんに質問があります

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    ここに成績が悪く、学校からも
    煙たがられている生徒がいたとします

    あなたならどうしますか?
    そしてそれがあなたの
    お子様だったらどうしますか?

    原因は様々ですし、いろんなタイプが
    いるとは思いますが
    その中に『自己重要感』が
    満たされていない子がいます

    『自己重要感』とは簡単に言うと
    私はこの世に存在してもいいんだ
    私は重要な人間なんだと
    感じる心のことです

    成績が悪いことで自分を責めて
    周りからも言われて
    別に私はここにいなくてもいいんだと
    自暴自棄になる

    でも重要感は満たしたいので
    突飛な行動や問題行動を起こして
    そうゆうことをしてまでも注目を浴びたいと思う

    それしか彼らが他人から関心を持ってもらう
    可能性が薄いからやるのです

    さああなたはこのような子を目の前にしたとき
    どのようにしますか?

    これは今日の宿題としたいと思います

    詳しくはこちら

  • 叶ったようにイメージする

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    目標達成のための具体的な
    計画も立てました
    しかし、行動する前にはもう一つ
    やることがあるのです

    まだですか!

    なんて声が聞こえてきそうですが
    最後なので是非聞いてください

    そのやることというのは『イメージング』です
    その目標が達成された時に
    味わうであろう感情を想像して味わうのです

    そして、そのことで自分や周りに
    起きている変化を楽しむのです

    オリンピック選手やプロスポーツ選手が
    やるイメージトレーニングというのが
    ありますが、これはそれと同じです

    そして、目標がかなった時の
    自分を想像してそのように振舞うのです

    そうすることで目標達成する
    スピードが加速度的に早くなります

    詳しくはこちら

  • 行動計画を立てる

    皆様こんにちは

    萩から生徒の日常に変化を起こす塾長

    岡村誠広です

    目標を立てて、そして
    その目標が達成された時の
    感情もわかった。次は何をしますか?

    すぐに行動でしょ!

    というのはちょっと違います
    次は『行動計画』です

    みなさんはPDCAサイクル
    というのを知っていますか?
    P plan  計画
    D do  行動
    C check 点検
    A act 改善
    計画して実行して点検して改善する
    一連の事業の流れをおったもので

    その中でも Plan 計画の部分は
    最初に大切な部分です

    No Plan では行き当たりばったり
    ですぐに頓挫してしまいます

    例えば旅行を想像してみましょう
    確かに自由気ままな旅も
    楽しいかもしれませんが
    あそこに行きたい、ここも行きたいと
    考えながら計画を立てるのは
    とても楽しいものです

    旅行は旅行計画を立てている時から
    始まっていると思います
    目標達成も旅行と同じだと
    思います

    それから計画を立てるときに
    ちょっとしたコツがあります

    あまり完璧な計画を立てないということです
    キツキツの予定を組んでいると
    現地で思わず掘り出し物が見つかったときに
    少しだけみたいなことができない
    それに交通事情もかんがえると
    あまりタイトなスケジュールは焦ってしまって
    楽しみが逃げてしまいます

    なのでコツとしては少し余裕を見ておく
    不完全なものにしておくことも
    重要ではないでしょうか

    詳しくはこちら